福島のニュース

会津若松市長選、4日投開票

 任期満了に伴う会津若松市長選は4日投票が行われ、即日開票される。いずれも無所属で、新人の元県議会議長平出孝朗氏(62)、3選を目指す現職の室井照平氏(63)=自民・国民民主・公明推薦、社民支持=、新人の元市議阿部光正氏(69)が立候補している。
 平出氏は市庁舎建設計画の見直し、地域経済活性化などを訴える。室井氏はスマートシティー構想など地方創生事業の継続を主張。阿部氏は東武鉄道のJR会津若松駅乗り入れによる観光振興などを強調する。
 市長選と同日程の市議選(定数28)には現職24人、新人7人、元議員1人の計32人が立候補している。
 7月27日現在の有権者は10万367人。


関連ページ: 福島 政治・行政

2019年08月03日土曜日


先頭に戻る