宮城のニュース

仙台七夕花火祭 仙台市中心部で交通規制

 仙台七夕花火祭が行われる5日夕から夜にかけて、県警は会場となる仙台市青葉区の西公園周辺で、車両や歩行者の交通を規制する(地図)。
 車両の通行が禁止されるのは、仲の瀬橋と大橋南側の追廻無料観覧エリアに通じる川内追廻が午後5〜9時半。仙台西道路は午後5時45分〜9時半。広瀬通(晩翠通−立町小前)大橋付近(大町交番前−仙台国際センター前)せんだい青葉山交流広場付近(国際センター駅前−仙台二高前)などは午後6〜9時半。
 車両、歩行者共に通行禁止となるのは、仙台城大手門隅櫓(すみやぐら)付近から八木山方面に向かう道路が午後4〜9時半、国際センター駅前から大橋西側と東北大川内キャンパスの両方面への道路などが午後6〜9時半。

◎運休や経路変更 市バス

 仙台市交通局は5日、仙台七夕花火祭の交通規制に伴い、市バス計176便で運休や経路変更を行う。
 時間は午後3〜9時半。広瀬通や市道仙台城跡線などが通行止めとなるため、交通公園線18便と工学部・宮教大線12便を運休する。循環観光バス「るーぷる仙台」4便を含む146便は広瀬通、晩翠通、仙台西道路を通らない経路を運行する。
 5日午前中に花火祭の中止が決定した場合、通常運行する。連絡先は市交通局案内センター022(222)2256。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月04日日曜日


先頭に戻る