宮城のニュース

<南部九州インターハイ>重量挙げ/山田(宮城農)5位 重量挙げ102キロ級

重量挙げ102キロ級 ジャークで146キロを挙げ、トータル5位入賞した宮城農・山田=沖縄県糸満市西崎総合体育館

 第8日は3日、宮崎県の都城市体育文化センターなどで行われ、バレーボール男子決勝で東北が松本国際(長野)に1−3で惜敗、準優勝に終わった。
 重量挙げ102キロ級の山田椎己(宮城農)は5位入賞。カヌー男子スプリント・カヤックフォアで中新田(佐藤、星、佐々木、高橋)が決勝に進出した。

 〇…メダル逃し悔しさ残る 102キロ級の山田(宮城農)はスナッチ110、ジャーク146キロのトータル256キロで5位入賞だった。沖縄入り直前に右肘を痛めたと言い、「満足してない」と苦笑いだった。
 3月の全国高校選抜は準優勝。初のインターハイはスナッチで自己ベストタイの110キロを挙げたものの、得意のジャークが146キロに終わった。「自己ベストの150キロを挙げていればジャークではメダルを取れた」と悔しさが残った。
 苦手のスナッチの記録を伸ばして国体でもう一度頂点を狙う。「スナッチ、ジャーク、トータルの全てで表彰台を目指す」と気持ちを切り替えた。


2019年08月04日日曜日


先頭に戻る