宮城のニュース

<仙台七夕>期間中「るーぷる仙台」夜間運行、15分間隔で

 仙台市交通局は仙台七夕まつり期間中の6〜8日、循環観光バス「るーぷる仙台」の夜間特別運行を実施する。関連イベントが開かれる青葉区の瑞鳳殿などへの誘客につなげる。
 「七夕ナイト号」と銘打ち午後5時15分〜9時、JR仙台駅前を発着点に15分間隔で運行する。ルートは瑞鳳殿や仙台城跡などを経由する1周約55分で、大崎八幡宮方面は通らない。
 市は18日まで、るーぷる仙台の運行時間を1時間延長する。通常ダイヤでは午後4時の仙台駅前発が最終運行だが、午後5時まで15分間隔で延長運転する。
 運賃は大人260円、小学生以下130円。るーぷる仙台1日乗車券やイクスカなどICカード乗車券も使える。連絡先は市交通局案内センター022(222)2256。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月05日月曜日


先頭に戻る