宮城のニュース

<マイナビ仙台>チーム浮上に貢献 新加入の外国人会見

仙台のユニホームに袖を通し、ポーズを取るジョーダンマラダ(左)とミレイニカブラル

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースに米・LAギャラクシーから新加入したMFジョーダンマラダ(27)=170センチ、61キロ=とFWミレイニカブラル(21)=164センチ、57キロ=が5日、仙台市のクラブハウスで記者会見し、ともに「(リーグ戦最下位からの)チームの浮上に貢献したい」などと意気込みを語った。
 米国出身のジョーダンマラダは「創造的で多彩なパスを駆使して好機を演出したい」と抱負を語り、ブラジル出身のミレイニカブラルは「ドリブル突破や鋭いターンが得意。たくさんゴールを挙げたい」と誓った。背番号はジョーダンマラダが28、ミレイニカブラルが29に決まった。
 両選手は6日の練習からチームに合流する予定。31日に盛岡市で開催されるアウェーINAC神戸戦から出場できる。


2019年08月06日火曜日


先頭に戻る