岩手のニュース

三陸アーカイブ減災センターが震災前の写真募集 心の原風景、広く共有

募集を始めた震災前の陸前高田市にまつわる写真

 一般社団法人「三陸アーカイブ減災センター」(釜石市)が、陸前高田市で東日本大震災前に撮影された写真を募集している。心に刻みたい古里の風景や催事を広く共有するのが狙い。全国各地の出身者に協力を呼び掛ける。
 募集しているのは、地元の祭りや景色、建物、修学旅行などの学校行事、年祝いや同窓会の集合写真。市民ゆかりの場面を幅広く求めている。
 減災センターは、震災がれきの中から見つかった写真や物品を持ち主らに返却する事業を市から受託している。ただ、思い出の写真が見つからなかったり、見つかっても傷みが激しかったりして渡せないことも少なくなかった。
 少しでもゆかりのある写真を手渡そうと、震災前の市広報誌に掲載された写真の提供も開始。さらに皆で共有できる写真を集めることとした。秋山真理代表理事は「より多くの方々に必要とする写真を渡したい」と話す。提供された写真はデータで保存し、所有者に返却する。連絡先は減災センター0192(47)4848。


2019年08月06日火曜日


先頭に戻る