宮城のニュース

<色麻町長選>早坂氏が無投票再選

早坂 利悦氏

 任期満了に伴う宮城県村田、色麻、加美の3町長選が6日告示された。色麻は現職が無投票で再選を果たした。村田と加美は現職に新人が挑む一騎打ちとなった。同日告示された村田町議選を含め投票は11日行われ、即日開票される。
 色麻町長選は、無所属現職の早坂利悦氏(70)以外に立候補の届け出はなく、早坂氏が無投票で再選を果たした。
 早坂氏は朝から選挙カーで町内を一巡し、選挙事務所で届け出締め切りの午後5時を迎えた。当選が決まると、支持者ら約70人から大きな拍手が湧いた。
 東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物処理などを念頭に、早坂氏は「積み残された課題を次の4年間で何としても解決する覚悟だ。町民が充実した一生を送れる町づくりに粉骨砕身する」と決意を示した。
 早坂氏は昨年12月の町議会12月会議で立候補を表明。主な公約に(1)工業団地整備(2)認定こども園新設(3)定住促進宅地造成−を掲げた。任期は28日から4年間。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月07日水曜日


先頭に戻る