宮城のニュース

<村田町長選>現新が一騎打ち

村田町長選立候補者

 宮城県村田町長選は、ともに無所属で、4選を目指す現職の佐藤英雄氏(62)、新人の元町議会議長大沼克巳氏(57)の一騎打ちとなった。
 佐藤氏は同町小泉の事務所前で第一声。「町に残る蔵を生かして交流人口の拡大を図るほか、農家の担い手対策として圃場整備を進める」と訴えた。
 大沼氏は同町村田の事務所前で「財政状況を改善しなければ町の成長はない」と第一声。企業誘致を通して、「若者が定着する地域にする」と強調した。
 5日現在の有権者は9519人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月07日水曜日


先頭に戻る