宮城のニュース

<甲子園>仙台育英ナイン 開会式で堂々行進

開会式で堂々と入場行進する仙台育英ナイン

 第101回全国高校野球選手権大会が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、宮城代表の仙台育英は開会式で力強く行進した。
 仙台育英は49校中7番目に登場。宮城大会の優勝旗を手にした千葉蓮主将を先頭に大きな掛け声とともに胸を張って行進した。
 校名がアナウンスされると客席から大きな拍手が送られた。千葉主将は「『いいプレー見せてくれよ』という声が聞こえた。応援してくれる人たちの思いに勝利で応えたい」と話した。
 開会式後は堺市に移動して約2時間練習を行った。仙台育英の初戦は9日の第2試合で、初出場の飯山(長野)と戦う。


2019年08月07日水曜日


先頭に戻る