宮城のニュース

間寛平さん走って復興発信 8回目みちのくマラソン

ゴールを出迎えた子どもたちと触れ合う寛平さん(右端)としずるの2人

 タレントの間寛平さん(70)らが東日本大震災の被災地をリレー形式で縦走する「RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2019」が6日、気仙沼市や宮城県女川町、石巻市の各コースで繰り広げられ、復興の今を全国に発信した。
 寛平さんは同日、気仙沼市の5キロを走破。この日のゴール地点となった石巻市のかわまち交流センター前に移動し、後続走者のお笑いコンビ「しずる」の池田一真さん(35)、村上純さん(38)を迎えた。
 ゴール後に開かれたイベントでは、寛平さんら6人の芸人が軽妙なやりとりで会場を沸かせた。寛平さんは「昨日からずっと応援に駆け付けてくれている人もいる。集まってくれてありがとう」と語った。
 よしもとエリアアクションが主催し、今年で8回目。7月27日に相馬市を出発し、今月9日に釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムにゴールする予定。期間中、6日間で計約50キロを走る。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年08月07日水曜日


先頭に戻る