宮城のニュース

「マンホールカード」無料配布 宮城県企業局、2000枚用意

色鮮やかなマンホールの写真を印刷したマンホールカード

 宮城県企業局は、マンホールのふたを紹介する「マンホールカード」を初めて作成し、7日に無料配布を始めた。2000枚を用意し、運営する流域下水道の認知度向上を狙う。
 カードは縦8.8センチ、横6.3センチ。石巻市と女川町の下水道処理を担う北上川下流東部流域事業のPRキャラクターのカッパ「カゥパ」とモグラ「もぐベェ」を描いた石巻浄化センター(石巻市蛇田)内にあるふたを紹介する。
 県の下水道事業は市町村下水道の汚水を集めて処理する。住民と接する機会は少なく、認知度は低い。企業局の担当者は「地味な下水道に関心を持ってもらうきっかけにしたい」と期待する。
 1人1枚で、郵送はしない。平日は石巻浄化センター、土日祝日は県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)で対応する。連絡先は東部下水道事務所0225(23)7382。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月08日木曜日


先頭に戻る