宮城のニュース

エアアジア・ジャパン 仙台―中部線が就航 1日2往復

 マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジアの日本法人エアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)は8日、仙台空港と中部空港を結ぶ新路線の運航を始めた。同路線のLCC就航は初めて。
 中部発第1便の到着を前に仙台空港でセレモニーがあり、同社の谷本龍哉会長は「東北と東海の二つの玄関口を結び、当初の2往復から便数を増やし、双方に多くの人を運べるよう頑張っていきたい」と話した。
 1日2往復で片道約1時間10分。運賃は片道7400円から。就航記念として12日まで席数限定で片道4880円の特別料金で提供する。対象搭乗期間は10月1日〜26日。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月08日木曜日


先頭に戻る