宮城のニュース

「ハポン」姓でつながる縁 子孫ら21人が仙台楽しむ 慶長遣欧使節団にルーツ

先祖ゆかりの地で結婚式を挙げたハポンさん(前列左から5人目)ら=7日午後1時ごろ、仙台勝山館

 400年以上前、支倉常長ら慶長遣欧使節団が立ち寄ったスペイン南部のコリア・デル・リオ市に住み、「ハポン(日本)」姓を名乗る使節団の子孫ら21人が仙台市を訪れている。一組のカップルが神前結婚式を挙げたり、仙台藩祖伊達政宗の霊廟(れいびょう)「瑞鳳殿」(青葉区)を訪れたりするなど、祖先ゆかりの地の夏を楽しんでいる。

 「仙台で式を挙げられて、日本に縁のある姓を持つ者として光栄だ」。7日、青葉区の仙台勝山館で結婚式を挙げた新郎フアンカルロス・ハポンさん(44)は満面の笑みを浮かべた。白無垢(むく)姿の新婦ジョランダ・メドゲーラさん(39)とともに、仲間から次々と祝福を受けた。
 2人は今回、初めて来日。日本の伝統にのっとった結婚式にずっとあこがれていたという。雅楽が流れる会場で幸せをかみしめた。
 式後、一行は瑞鳳殿を訪問。東日本大震災以降、コリア市で毎年3月11日に開く追悼式で歌っている復興支援ソング「花は咲く」を日本語で合唱した。
 使節団の1人松尾大源の子孫で、長崎市から駆け付けた高見正明さん(85)と対面した「ハポン・ハセクラ協会」会長のフアンフラン・ハポンさん(50)は「ここで歌い、高見さんと会えて感動している。歴史的に大事な瞬間になった」。高見さんは「初めて会ったのに家族のような感じがした」と語った。
 伊達家18代当主の伊達泰宗さん(60)は「この瞬間に立ち会えて良かった。来年3月、今度は私がスペインに行き『花は咲く』を一緒に歌いたい」と話した。
 一行は使節団と現地の人の間に生まれたとされる子どもの子孫とその家族。自分たちのルーツを知ろうと、ハポン姓との交流を促進する「ハポン・ハセクラ後援会」(仙台市)などの支援を受けて来日した。
 常長の墓があるとされる光明寺(青葉区)、政宗生誕の地の石碑がある上杉神社(米沢市)などを訪れたほか、仙台七夕まつりの吹き流しや前夜祭の花火も観賞した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月08日木曜日


先頭に戻る