宮城のニュース

<楽天>浅村、つなぐ意識で先制2ラン

 東北楽天の浅村が一回、先制の右越え2ランを放った。西武先発の榎田が投じた外角直球を捉えた一発を「後ろにつなぐ意識だった。逆らわずに打てた」と振り返った。
 6日の西武戦に引き続きの先制打で、西武戦では今季5本目の本塁打、メットライフドームでは初となる。同学年の則本昂が先発した試合では3戦連続のアーチで「(則本昂は)出遅れていたので、何とか援護したい」との思いが結果につながっているという。
 しかし、1点を追う八回の2死一、三塁で三振に倒れたことは反省材料だ。シーズン終盤に向け、大事な場面での主軸の一振りが上位を狙う上で重要な鍵を握る。


2019年08月08日木曜日


先頭に戻る