宮城のニュース

<仙台七夕まつり>浴衣で接客、装い涼やか 七十七銀・市中心部支店

涼やかな浴衣姿で応対する一番町支店の行員

 仙台七夕まつり2日目の7日、七十七銀行の仙台市中心部の支店では行員が浴衣姿で勤務し、涼しげな雰囲気で利用客を迎えた。
 青葉区の一番町支店の窓口では、男女の行員約30人が同行のキャラクター「シチシカくん」をあしらった浴衣で勤務。預金引き出しに訪れた同区の奥山勝枝さん(83)は「七夕の季節に合ってすてき」と話した。
 同支店の浅沼澪さん(21)は「仕事中でも七夕まつりに参加している気分」と声を弾ませた。同区の名掛丁支店、新伝馬町支店でも行員が浴衣で接客した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月09日金曜日


先頭に戻る