宮城のニュース

<仙台七夕まつり>ごみ拾い、心も晴れやか JT東北支社が呼び掛け

拾い集めたごみを分別して捨てる子どもら

 宮城県たばこ販売協同組合と日本たばこ産業(JT)東北支社は仙台七夕まつりの期間中、市民らにごみ拾いを呼び掛ける「ひろえば街が好きになる運動」をJR仙台駅前で実施した。
 駅西口のペデストリアンデッキでJT社員らが協力を呼び掛け、ごみ袋などを配布。受け取った市民らは七夕を楽しみながらごみを拾い集め、特設テントに持参。燃えるごみやペットボトルなどに分別した。
 運動は仙台七夕で2007年から毎年行っている。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月09日金曜日


先頭に戻る