広域のニュース

<東北中学野球>しらかし台サヨナラ負け 秀光中教校は準決勝進出

しらかし台―仙北 好投したしらかし台先発の小野=八橋

 第48回若鷲旗争奪東北中学校野球大会は9日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で準々決勝が行われ、しらかし台(宮城)は仙北(秋田)にサヨナラ負けし、4強入りを逃した。秀光中教校(宮城)は秋田北(秋田)を延長戦の末に下し、準決勝に進んだ。
 しらかし台は0−0で迎えた七回裏、無死満塁から決勝打を許した。打線は2安打に抑えられ、好投した主戦小野を援護できなかった。
 秀光中教校は2−2で延長に突入。無死満塁で始まるタイブレークの十回表、利根川が左前に2点適時打を放って均衡を破り、その裏の反撃を1点に抑えて逃げ切った。

 ▽準々決勝

しらかし台(宮城)0000000−0
仙   北(秋田)0000001x−1

秀光中教校(宮城)0101000 002−4
秋田北(秋田)  0200000 001−3
(タイブレーク十回)


2019年08月09日金曜日


先頭に戻る