宮城のニュース

陸上自衛隊船岡駐屯地第2施設団、演習用地雷を日本海沖に流失

 陸上自衛隊東北方面総監部(仙台市宮城野区)は9日、船岡駐屯地(宮城県柴田町)第2施設団が手塩訓練場(北海道天塩町)で訓練中、演習用の地雷を日本海沖に流失させたと発表した。地雷は見つかっていないが火薬は入っておらず、爆発などの被害は確認されていない。
 総監部によると9日午前11時ごろ、砂浜に対戦車地雷を設置し撤去する訓練で、設置した42個を高波にさらわれた。第2施設団の外屋(ほかや)寿郎団長は「地域住民や国民の皆さまに不安を与え大変申し訳ない。捜索に全力を尽くし、早期発見に努める」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月10日土曜日


先頭に戻る