宮城のニュース

真夏の夜に純白の大輪浮かび上がる

 ◇…宮城県大和町吉岡の商店街に夜顔の花が咲いた。お盆に先祖への感謝を表そうと、地元の農業斎藤孝浩さん(54)が育てた。サンキューにかけて、その数、39鉢。
 ◇…「感謝の花あんどん」と称して地区に並べる。真っ先に飾ったのが酒店「穀田屋」の前。江戸時代に困窮住民を救った篤志家を描いた映画「殿、利息でござる!」の主人公穀田屋十三郎の子孫が営む店だ。
 ◇…真夏の夜に純白の大輪が浮かび上がり、笑顔も咲く。先人への感謝の思いが花開いた。(富谷)


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月10日土曜日


先頭に戻る