青森のニュース

十和田市が国保税課税ミス 15世帯に誤り、9月以降の徴収額を調整

 十和田市は9日、7月に発送した本年度の国民健康保険税の納税通知書のうち、15世帯の課税額に誤りがあったと発表した。算定の際、軽減判定に使う繰越損失額を誤ったことが原因で、課税額は2世帯が計8万5400円多くなり、13世帯が計35万5300円少なくなる。国保税は8回に分けて徴収しており、正しい課税額になるよう9月以降の徴収額を調整する。市は8日までに電話や自宅訪問をして全15世帯に説明し、謝罪した。


関連ページ: 青森 政治・行政

2019年08月10日土曜日


先頭に戻る