山形のニュース

市議会副議長の小関氏、新庄市長選に出馬表明 尾花沢市出身

 任期満了に伴う新庄市長選(9月1日告示、8日投開票)で、市議会副議長の小関淳氏(63)が9日、市役所で記者会見し、無所属で立候補すると表明した。
 小関氏は、市が2022年4月開校を目指す市立看護専門学校(仮称)について「財政的な不安があり、市民の間で賛否の意見が分かれている。白紙撤回を訴えていきたい」と述べた。
 小関氏は尾花沢市出身で法大卒。出版社勤務を経て新庄市内で書店を開業した。07年に市議初当選。現在4期目で、17年5月から副議長を務めている。
 市長選では既に現職の山尾順紀氏(66)が4選を目指し出馬を表明している。


関連ページ: 山形 政治・行政

2019年08月10日土曜日


先頭に戻る