福島のニュース

会津大、倫理審査で偽の承認通知

 会津大(福島県会津若松市)は9日、30代男性事務職員が3月、短期大学部の教員2人から申請のあった倫理審査2件を学内の研究倫理委員会に諮らず、偽の承認通知書を作成したと発表した。同大と福島県は処分を検討する。
 2件は食生活調査のチェックシート作成に関する研究(昨年9月申請)と、乳幼児の発達に関する研究(12月申請)。職員は倫理委を開くため関係者7人の日程調整をしたが整わず、そのまま今年4月1日付で派遣元の県部局に異動。直前の3月28日に、他の文書と一緒に押印した虚偽の通知書を送付した。当時の上司2人は職員から相談を受けたが、十分確認しなかった。


関連ページ: 福島 社会

2019年08月10日土曜日


先頭に戻る