宮城のニュース

甘いトウモロコシ、宮城・蔵王の新名物に 直売会でPR

新鮮なトウモロコシが並ぶ直売会

 甘いトウモロコシを宮城県蔵王町の新たな名物にしようと、直売会「絶品! 蔵王スイートコーンまつり」が10日、同町ございんホール前の特設会場で始まった。11日まで。
 町内の生産者6人による蔵王スイートコーンクラブが初めて開催。通常より甘い平均糖度18度で500グラム以上にもなる大きさが特長の品種「おおもの」を中心に、5〜8本入り1袋1000円で販売。ゆでたても1本200円で味わえる。
 町内でのトウモロコシ生産は約15年前から本格化し、年間10万本ほどの収穫があるという。クラブ会長代行の平間弘晃さん(37)は「蔵王はナシが有名だが、トウモロコシも甘くておいしい。多くの人に知ってもらい、地域活性化につなげたい」と話す。
 午前9時〜午後3時。入場無料。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月11日日曜日


先頭に戻る