宮城のニュース

広がる夏 大輪42万本 大崎・三本木のヒマワリ見頃

ヒマワリに包まれ、散策を楽しむ人たち

 大崎市三本木斉田の「ひまわりの丘」で大輪の花が見頃を迎えた。7月の日照不足が響き、生育は例年より5、6日遅かったが、今月に入って好天と猛暑で遅れをやや取り戻した。
 6ヘクタールに約42万本のヒマワリが植えられ、一面が黄色に染まる。友人と2人で訪れた仙台市泉区の大学生高橋璃歩(りほ)さん(21)は「初めて来ました。見応えがあって良い写真が撮れました」とほほ笑んだ。
 10日には、丘を南北に横切る市道の東側が満開、西側は8分咲きとなっている。
 午前9時〜午後5時。駐車料は普通車500円、大型車1000円。売店で特産品などを販売する「ひまわりまつり」は15日まで。天候次第で18日まで延長する可能性がある。連絡先は市三本木振興公社0229(52)6232。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月11日日曜日


先頭に戻る