宮城のニュース

ノモンハン事件80年、戦死の大尉つづった日記 故郷の石巻で元女川高校長が保管

後藤大尉が残した日記と、保管する佐々木さん
後藤大尉

 中国東北部で1939年夏に起きた国境紛争「ノモンハン事件」から今年で80年になる。旧ソ連軍の大規模な攻勢を前に23歳で命を絶たれた石巻市出身の旧陸軍大尉の日記が、同市内で人知れず保管されている。多くの遺品と共に日記を預かる元女川高校長佐々木慶一郎さん(72)は「未来ある人間の命を奪うのが戦争だ」と戦場に散った若者を悼む。

 日記を残したのは、稲井村(現石巻市稲井)出身の後藤東一郎大尉。石巻中(現石巻高)卒業後、33年4月に陸軍士官学校に入学した。第7師団第28連隊配属で38年2月までに中国東北部へ赴き、39年8月24日、敵弾に倒れた。

 日記は計10冊。陸士入学直前から戦死2カ月前の39年6月までの日々を、700ページ超にわたってつづる。

 いずれも表紙裏には「将校生徒タルノ誇ヲ忘ルヘカラス 淡泊ヲ以テ終始スヘシ」との墨書きがある。強い使命感を持ちながら、冷静さを失わない将校を目指していた姿をしのばせる。

 陸士入学直後は、馬術訓練への不安や語学習得への嘆きが記される。
 「騎兵ノ颯爽(さっそう)タル勇士ヲ見ルトキ我モカクシテ戦地ヲ馳駆(ちく)セント思ヒトモ、未(いま)タ嘗(かつ)テ馬ニ接近シサリシ為此(これ)ニハ不安ヲ免レサリキ」(1933年5月4日)
 「語学ハ残念ナカラ最劣等班ニ属ス。御両親我子ノ活躍ヲ夢ミルニ何タル相違」(35年9月18日)

 大陸への派遣後は、部下となった同世代の兵士に、戦場で死にゆく自らの命運を重ね合わせた。

 「巡察セハ昼間ノ疲労カ寝汗ヲカクアリ。『…デアリマス』ノ寝言言ウアリ。急ニ胸ノ熱クナルヲ覚エタリ」(39年1月11日)
 近づく旧ソ連との決戦に強い決意をにじませる記述もあった。
 「日露ノ関係ハ宿命的ニ一方倒ルルヲ以テ止ムノミ。国境ヲ乱スナラハ拱手(きょうしゅ)傍観スルニハ断シテアラス」(36年2月19日)
 38年暮れには、上司から「連隊長ヲ中心トシテ軍旗ノ下ニ死スル覚悟タレ」(38年12月12日)と訓示を受けるほど、事態は悪化をたどっていった。

 墓碑銘によると、戦死したのは旧ソ連軍の200メートル手前。体を貫いた銃弾が致命傷となったという。

 日記は後藤大尉の親族が2004年8月、肖像写真など50点以上の遺品と共に佐々木さんの元へ寄贈した。

 佐々木さんは悲惨な戦争のありようを伝えるため、50年以上にわたって関連資料を集めてきた。「遺品も日記も彼が生きていた証し。実物を通して悲惨な戦争を語り継ぎたい」と話す。

[ノモンハン事件]1939年5〜9月、旧満州国(中国東北部)とモンゴルの国境地域で起きた紛争。両国の衝突をきっかけに、旧満州国をかいらいにしていた日本と、モンゴルを支配下に置く旧ソ連の戦闘に拡大。航空機や戦車など大規模な戦力を備えた旧ソ連軍が日本側に壊滅的な打撃を与えた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月12日月曜日


先頭に戻る