宮城のニュース

<甲子園>仙台育英、3回戦へ 鳴門に8−5

鳴門―仙台育英 1回表仙台育英2死、小濃が右中間にソロ本塁打を放ち、2―0とする

 甲子園で開かれている第101回全国高校野球選手権大会第9日の14日、宮城代表の仙台育英は2回戦で徳島代表の鳴門と対戦、8−5で競り勝った。

▽2回戦(第1試合)
仙台育英 400201100―8
鳴  門 000500000―5

 仙台育英は一回に畳み掛けた。無死一、三塁から入江大樹の三ゴロ併殺打の間に先制。続く小濃塁が右中間席へソロ本塁打を放って2点目。さらに2死二、三塁から猪股将大の左越え二塁打で2点を加えた。
 四回には中里光貴のこの日3安打目となる適時打などで2点を挙げ、6−0とした。
 四回裏、長短5安打、打者9人の猛攻を浴びて一挙5点を許し、1点差に迫られたが、六回に1点を加えると、七回にも大栄陽斗の中前打で1点をもぎ取って突き放した。
 投げては四回途中から登板した大栄、笹倉世凪の継投で五回以降は無得点に抑えた。
 仙台育英は3回戦で福井代表の敦賀気比と対戦する。


2019年08月14日水曜日


先頭に戻る