宮城のニュース

<甲子園>仙台育英、中盤突き放す

鳴門―仙台育英 鳴門に勝利し、喜び合う3番手笹倉(左から2人目)ら仙台育英ナイン

 第9日は14日、甲子園球場で2回戦が行われ、仙台育英(宮城)が鳴門(徳島)を8−5で下して、3回戦に進んだ。
 仙台育英は一回に4点を先取し、その後も着実に加点。3人の継投で鳴門の反撃を四回の5点に抑えた。
 第2試合は、今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)と鶴岡東(山形)が対戦。八回を終えて、鶴岡東が8−5でリード。

 ▽2回戦
仙台育英(宮城)400201100−8
鳴門(徳島)  000500000−5
(仙)鈴木、大栄、笹倉−猪股、木村
(鳴)西野、竹内−原田
(本)小濃(仙)

 ○…3投手の継投で逃げ切る 仙台育英は3投手による継投で逃げ切った。「6番・三塁」で先発した大栄は鳴門に追い上げられた四回途中にマウンドへ。適時打を許したが1点差で食い止め、五、六回を無失点。守備の際も打者を観察していたそうで「インコースへ臆することなく投げられた」とうなずいた。
 一塁手で途中出場していた笹倉が七回から3番手で登板。3回を2安打無失点で乗り切った1年生の左腕投手は「一番はほっとしている。投げきって勝つことができてうれしい」と息をついた。


2019年08月14日水曜日


先頭に戻る