宮城のニュース

ゾウの鼻 すごいゾゥ! 仙台・八木山動物公園でイベント

伸ばした鼻の先端でニンジンを器用につかむメアリー

 仙台市太白区の市八木山動物公園は14日、ゾウの鼻の能力を知ってもらうイベント「アフリカゾウの鼻実験」を開いた。親子連れら約40人を前に、雌のメアリーが2メートルを超える鼻を駆使し、器用にエサをつかむ様子などを披露した。
 メアリーは鼻で大玉のスイカを巻き付けて持ち上げたり、鼻の先端で豆腐など軟らかい食べ物をつまんだり、黒糖を溶かした水10リットルを一気に吸い上げたりしてみせた。参加者は普段は入れない飼育舎に入り、ゾウの鼻の力強さや器用さ、吸引力を間近で観察した。
 青葉区の台原中1年宮路貴全さん(12)は「人間が手や腕を使うように、ゾウは鼻を自由自在に動かし、エサを口に運んでいる姿にびっくりした」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月15日木曜日


先頭に戻る