宮城のニュース

<楽天>和田、バックスクリーンへ特大2ラン

和田恋選手

 東北楽天の和田がバックスクリーンに向けて一時同点となる特大の一発を放った。1−3の二回無死二塁、先発武田の真ん中に入ったカーブを捉えた。「初球か甘い球が来たら打とうと思っていた」。イメージ通りに打球を運んでみせた。
 11日のオリックス戦で放ったプロ初本塁打も右中間への大きな当たりだった。2本続けて滞空時間の長い一発を放った和田は「強引にいかずにセンター方向へ打てて良かった」と謙虚に胸を張った。


2019年08月15日木曜日


先頭に戻る