宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに3−12 投手陣崩れ連敗

 東北楽天は投手陣が崩れて2連敗。自力優勝の可能性が消滅した。先発則本昂は立ち上がりから制球が甘く4回10安打6失点(自責点5)で3敗目。2番手辛島も2回5失点(自責点1)。通算600試合登板の3番手青山は1回無得点に抑えた。打線は1−3の二回に和田が中越えに同点2ランを放ったが、三回以降は得点を奪えなかった。
 ソフトバンクは6連勝。先発武田は8回4安打3失点で4勝目を挙げた。

東北楽天−ソフトバンク19回戦(ソフトバンク10勝9敗、18時00分、楽天生命パーク宮城、27,140人)

ソフトバンク211214010=12
東北楽天  120000000=3

▽勝 武田26試合4勝3敗1S
▽敗 則本昂6試合2勝3敗
▽本塁打 和田2号(2)(武田)グラシアル21号(1)(則本昂)  


2019年08月15日木曜日


先頭に戻る