宮城のニュース

<仙台市議選>69人届け出 「ポスト復興」課題問う

仙台市役所前で候補者の第一声を聞く支持者ら。9日間の舌戦がスタートした=16日午前9時25分ごろ、青葉区の勾当台公園市民広場

 仙台市議選(定数55)は16日告示され、午後1時までに5選挙区に計69人が立候補を届け出た。政令市移行後、最少となった前回2015年の66人より3人多い。全市の競争率は1.25倍で、前回の1.20倍を上回った。投票は25日に行われ、即日開票される。

 選挙区別の立候補者数は青葉区(定数15)が19人、宮城野区(10)が15人、若林区(7)が9人、太白区(12)が14人、泉区(11)が12人。競争率は宮城野区の1.50倍が最も高く、若林区1.29倍、青葉区1.27倍、太白区1.17倍、泉区1.09倍と続いた。
 新旧別の内訳は現職46人、元議員3人、新人20人。前回と比べ、現職は2人減り、元議員は同数、新人は5人増えた。女性は過去最多となった前回と同数の17人が立候補した。
 党派別は自民が2人増の20人、初参戦となる立憲民主は6人、国民民主は3人、公明は前回同数の9人、共産は1人増の8人、社民は同数の6人、諸派は2人減の1人が届け出た。
 政党公認は諸派を含めて53人に上り、全体の76.8%を占めた。無所属は3人増の16人で、このうち5人が自民の推薦を得た。
 旧民進党出身の郡和子市長が就任し、初めて迎える市議選となった。市議会の「少数与党」の勢力図が変化するのかどうかが焦点。郡市長は特定の立候補者を支援せず、中立を貫く。
 東日本大震災から約8年5カ月。市沿岸部の復興事業はおおむね完了し「ポスト復興」にステージが移りつつある。推計人口は今月1日時点で109万を超えたが、今後は減少に転じる見通し。地域経済の活性化、高齢者対策、若者定着など市政課題は山積する。
 市議選の投票率は1995年以降、6回連続で過去最低を更新する。若い世代を中心に有権者の関心をどう高めるのか、市選管の手腕が試される。2014年以降の全選挙で投開票ミスが続いており、汚名返上の本気度も問われている。


2019年08月16日金曜日


先頭に戻る