宮城のニュース

<仙台市議選>郡市長の市政運営巡り論戦展開 商店街や住宅地へ

立候補者の訴えに耳を傾ける有権者=16日午前9時ごろ、仙台市若林区

 大型の台風10号が東北地方に接近した16日、東日本大震災後3度目となる仙台市議選の号砲が鳴った。25日の投票日まで「ポスト復興」の政策課題、就任丸2年となる郡和子市長の市政運営を巡り、論戦が展開される。候補者は商店街や住宅地へ選挙カーを走らせ、早速、舌戦を繰り広げた。

 郡市長は22日に1期目の任期の折り返しを迎える。
 市議会で最大会派を形成する市政野党の自民現職は第一声で「国への要望は私たちが根回しをして、やっと市長さんが国の大臣と会える」と政権党の力を誇示。別の自民現職は「郡氏はわれわれの話もよく聞いてくれる。今後も適切な緊張関係を保って、しっかり見守る」と一定の評価をした。
 市政与党の立憲民主、国民民主、共産、社民4党は議席拡大を狙う。共産現職は「市民の願いを受け止められる市政にするため党の議席を増やす」と訴えた。
 国民現職の第一声には、立民県連顧問の安住淳元財務相が応援に駆け付けた。「候補者は市政与党のど真ん中で頑張っているが、少数与党だ。少しでも数を増やし、基盤を安定させたい」と力説した。
 人口減少対策や地域経済活性化など、「ポスト復興」に関わる論戦も熱を帯びた。
 郊外団地を地盤とする泉区の現職は「子どもが少なく、高齢者が多くなった地元を守り抜く。高齢者の介護の安心を守ることを訴えたい」と声をからした。太白区の新人は「若者の流出を食い止めるため、企業の本社機能や研究施設の誘致に取り組む」と強調した。
 お盆の最終日、嵐が近づき、雨が降る中での選挙戦のスタートとなった。
 宮城野区の新人は事務所内に約30人の支持者を集めて第一声を行った。陣営幹部は「悪天候が予想され、支持者に迷惑を掛けたくなかった」と説明した。
 若林区の現職は強い風が吹き、小雨がぱらつく新興住宅地でマイクを握った。「参院選、七夕まつり、お盆と続いて、重要な戦いを有権者に知らせるのに制約があった。選挙期間中は必死に訴える」と語った。陣営は荒天を予想し、事務所内での第一声も検討したという。幹部は「ぎりぎり天気が持ってくれた。この調子で厳しい選挙を戦い抜く」と意気込んだ。


2019年08月16日金曜日


先頭に戻る