宮城のニュース

<ベガルタ>スマホで注文 席までお届け ゆっくり観戦好評 ホーム限定で試験販売

飲み放題付きチケットを利用し、座席で飲み物を受け取る来場者(J1仙台提供)

 サッカーJ1仙台は、ユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)でのホーム試合で、ビールなどの飲み放題付き観戦チケットの試験販売を始めた。不人気な席種の販売促進につなげる誘客策の一環。スマートフォンから注文し、座席まで届けてくれるサービスもあり、利用者には「売店に並ぶ必要がなく、ゆっくり観戦できる」と好評だ。
 3日に行われた磐田戦からスタート。S指定席南の48席が対象で、購入者は各席に貼付されたQRコードをスマートフォンで読み込み、出てきた画面を操作してビールやソフトドリンクなどを注文する。売店の店員が座席を特定して飲み物を届ける仕組みだ。
 S指定席南はアウェーチームの応援席に近く、売れ残ることが多かった。価格は5000円で、指定席当日料金4600円に少し上乗せした程度と割安に設定した。
 クラブを運営するベガルタ仙台(仙台市)によると、Jリーグのクラブでの導入は珍しいという。磐田戦で利用した名取市の公務員大友拓也さん(30)は「すごくお得で、友達を誘ってきた。飲み物を持ってきてくれ、ゆっくり観戦を楽しめる」と喜ぶ。
 ベガルタ仙台の担当者は「商品を待ち時間ゼロで購入できる『ファストパス』の発展系として考えた。好評なら今後の継続運用や席数の拡大も検討したい」と話す。


2019年08月16日金曜日


先頭に戻る