宮城のニュース

夏の成人式「地域に貢献」誓い熱く 宮城・七ヶ宿

誓いの言葉を述べる高橋さん

 お盆の帰省シーズンに合わせた七ケ宿町の成人式が15日、町活性化センターで開かれた。本年度20歳となる11人が出席し、家族や地域住民が祝った。
 小関幸一町長は式辞で「これからの日本、生まれ育った七ケ宿町を自分たちの手で築き上げる気持ちを持って令和の時代を前進してほしい」と呼び掛けた。
 福島市の大学生高橋咲紀さん(19)が新成人を代表して「大人としての責務を果たし、よりよい地域社会の創造に貢献したい。七ケ宿で生まれ育った誇りを心に刻み、人生を歩んでいく」と誓った。ドレスやスーツ姿の新成人は同級生や恩師らとの再会を楽しんだ。
 七ケ宿町の本年度の新成人は12人(男性7人、女性5人)。成人式は1966年度から8月になった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月16日金曜日


先頭に戻る