宮城のニュース

加藤登紀子さん革命歌でチリ応援 東京パラ・ホストタウンの宮城・加美

来場者と歌を練習する加藤さん

 宮城県加美町中新田バッハホールで9月23日にチャリティーコンサート「あなたに捧(ささ)げる歌」を開く歌手加藤登紀子さんが1日、同町を訪れ、住民団体が企画したトークイベントに出演した。
 コンサートは、町が2020年東京パラリンピックで南米チリの復興「ありがとう」ホストタウンとして事前合宿を受け入れることを記念して開催する。
 中新田公民館であったイベントで、加藤さんはチリで革命歌として有名な「ベンセレーモス」に日本語の訳詞を付けて紹介した。
 参加者約200人と共に何度か歌った後、「合宿に来るカヌー選手らへの応援歌になる。日本語とスペイン語で歌えるように練習してほしい」と呼び掛けた。
 コンサートは午後3時開演。入場料は一般4000円(当日500円増し)。連絡先は中新田バッハホール0229(63)7367。


2019年08月16日金曜日


先頭に戻る