宮城のニュース

流しそうめん 親子で涼しく 仙台・泉

流しそうめんを楽しむ子どもたち

 児童の一時預かりや出産サポートに当たるNPO法人子育て支援アシスト・エフワン(仙台市泉区)は4日、泉区北高森の集会所で「流しそうめん&スイカ割り大会」を行った。
 泉区の幼児、小学生の親子ら約70人が集まった。スイカ割りに興じた後、おわんを手に流しそうめんに挑戦。涼しげに流れるそうめんを口に運び「おいしーい」と笑顔で頬張った。
 同法人は、他地域から移り住む子育て世代が多いことから新旧住民の交流を目的に企画。代表の伊藤美代子さん(71)は「親子の笑顔を見られるのが何より。夏の思い出になれば幸い」と話した。
 秋には、畑に植えたサトイモやサツマイモを味わう収穫祭も予定しているという。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年08月16日金曜日


先頭に戻る