青森のニュース

流し踊りに響く掛け声「エッチャホー」 黒石よされ開幕

独特の掛け声を響かせながら流し踊りを披露する踊り子

 日本三大流し踊りの一つ「黒石よされ」が15日、黒石市で始まった。江戸時代の風情が残る街並みに、踊り子の「エッチャホー、エッチャホー」という掛け声が響き渡った。
 午後7時すぎ、黒石よされ節の歌声と三味線、太鼓の音に合わせ流し踊りが始まった。そろいの浴衣に編みがさ姿の踊り子約2000人が参加。市中心部の約1.5キロのコースを練り歩き、独特の発声とともにあでやかな舞を披露した。
 沿道の観客を巻き込み輪になって踊る「回り踊り」も随所で行われた。両親と訪れた盛岡市の吉田智也君(9)は「(回り踊りを)みんなと一緒に踊れて楽しかった」と目を細めた。
 流し踊りは16日も開催予定で、回り踊りなどのイベントは20日まで続く。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2019年08月16日金曜日


先頭に戻る