宮城のニュース

<大和町長選>町議の浅野俊氏出馬表明 選挙戦の公算大

浅野 俊彦氏

 任期満了に伴う宮城県大和町長選(9月24日告示、29日投開票)で、町議の浅野俊彦氏(49)が16日、無所属で立候補する意向を表明した。同町長選には現職の浅野元氏(65)が6選を目指し立候補の意向を示しており、選挙戦になる公算が大きくなった。
 俊彦氏は前回2015年町長選に続く再挑戦。町内で開いた記者会見で「出遅れたが変革を望む多くの声に後押しされた。町内の地域格差の是正とともに風通しの良い開かれた町政を目指し、躍動する役場に変革したい」と述べた。
 町が18、19年度と地方交付税(普通交付税)の不交付団体となったことにも触れ「先人のまいた種が実り税収が増えたが、町民が豊かになったと感じられるかは疑問」と指摘。町民や企業の参画を得て、新たなビジョン策定に取り組む必要性などを訴えた。
 俊彦氏は大和町出身、東北学院大卒。12年の町議選で初当選し、現在2期目。15年町長選では元氏との一騎打ちで敗れた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月17日土曜日


先頭に戻る