宮城のニュース

<仙台市議選>市選管、初日にミス 掲示板の番号表記誤る

番号の表記に誤りがあった掲示板(市提供)

 仙台市青葉区選管は16日、同日告示された市議選青葉選挙区(定数15)の掲示板1カ所で、立候補者のポスターを貼る区画の番号表記を誤るミスがあったと発表した。2015年の前回市議選でも泉区選管が全く同じミスを犯し、再発防止策を講じていたが、表記の誤りを見逃したという。
 青葉区選管によると、同区上杉6丁目の宮城教育大付属小北側に設置した掲示板で、本来は7〜12の番号を記す6区画に誤って13〜18の番号を記した。7月下旬に委託業者が設置。8月に入り、職員3人が現場を訪ねたり、写真で確認したりしたが、見落とした。
 16日午前9時50分ごろ、立候補者の陣営が市選管に連絡し、ミスに気付いた。区選管が約30分後に現場を確認したところ、表記を誤った6区画に既に3陣営がポスターを掲示済みで、このうち2陣営が本来と違う区画に貼っていた。区選管は2陣営に連絡し、貼り直してもらったという。
 市選管は14年の衆院選以降、市内であった全選挙でミスや不手際を繰り返しており、不名誉な記録をさらに更新する形となった。
 区選管の高橋修作事務局長は「候補者、有権者におわびする」と陳謝した。


2019年08月17日土曜日


先頭に戻る