宮城のニュース

<仙台市議選>69人が出馬 ポスト復興を巡る論戦へ

仙台市役所前で候補者の演説を聞く支持者ら=16日午前9時30分ごろ、青葉区

 仙台市議選(定数55)は16日に告示され、5選挙区に計69人が立候補を届け出た。1989年の政令市移行後、最少だった前回2015年の66人を3人上回ったが、2番目に少ない立候補者数となった。全市の競争率は1.25倍(前回1.2倍)。投票は25日に行われ、即日開票される。
 選挙区別の立候補者数は青葉区(定数15)が19人、宮城野区(10)が15人、若林区(7)が9人、太白区(12)が14人、泉区(11)が12人。競争率は宮城野区の1.5倍が最も高く、若林区1.29倍、青葉区1.27倍、太白区1.17倍、泉区1.09倍と続いた。
 新旧別の内訳は現職46人、元議員3人、新人20人。前回と比べ、現職が2人減り、新人が5人増えた。女性は過去最多だった前回と同数の17人が立候補した。
 党派別は自民20人、立憲民主6人、国民民主3人、公明9人、共産8人、社民6人、諸派1人、無所属16人。
 旧民進党出身の郡和子市長が就任し、初めての市議選。「少数与党」の構図が変化するかどうかが焦点となる。東日本大震災から約8年5カ月が過ぎ、人口減少対策など「ポスト復興」を巡る論戦が展開される。

[おことわり]仙台市議選期間中は公正を期すため、写真を一部加工し、党名や候補者名などを消す場合があります。


2019年08月17日土曜日


先頭に戻る