宮城のニュース

<秋季高校野球>宮城県大会予選 3地区きょうから

 秋季東北地区高校野球県大会の東部、北部、南部の地区予選は17日に開幕する。いずれもトーナメントで争い、東部は準決勝進出4校と、敗者復活戦を勝ち抜いた3校の計7校が県大会に出場する。
 北部は各ブロックを勝ち抜いた3校と敗者復活の3校、南部も各ブロック勝ち抜きの3校と敗者復活の4校が県大会に進む。北部と南部はブロックを勝ち抜いた3校による順位決定戦も行う。
 東部の宮城水産、本吉響の2校、石巻北、志津川、鹿島台商、柴田農林の4校、北部の加美農、一迫商の2校、中新田と岩ケ崎の2校が、それぞれ連合チームで参加。南部の伊具、柴田農林高川崎、蔵王は部員不足で出場しない。
 県大会は9月14日から仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城などで行われる。


2019年08月17日土曜日


先頭に戻る