宮城のニュース

<甲子園>仙台育英8強 敦賀気比を逆転

敦賀気比―仙台育英 6回裏仙台育英2死一、三塁、水岡の勝ち越し打で生還しガッツポーズで喜ぶ三走大栄

 甲子園で開かれている第101回全国高校野球選手権大会第11日の17日、宮城代表の仙台育英は3回戦で福井代表の敦賀気比に4−3で逆転勝ちし、準々決勝に進出した。8強入りは2年ぶり。
 仙台育英は序盤は好機を生かせなかったが、0−3の五回2死から、水岡蓮の三塁打、中里光貴の二塁打、宮本拓実の中前打と連打を浴びせ2点を返した。六回には2連打で築いた1死一、三塁から木村航大がスクイズを決めて同点に。さらに2死一、三塁から水岡が右前適時打を放って勝ち越した。
 先発鈴木千寿は三回2死一、二塁から連続適時打などで3点を先取されたが、四回から登板した主戦大栄陽斗が好救援。5回1/3を無得点に抑える好投を見せた。九回1死三塁のピンチで笹倉世凪が登板し、後続を断った。
 仙台育英は18日の第3試合で石川代表の星稜と対戦する。


2019年08月17日土曜日


先頭に戻る