山形のニュース

<甲子園>鶴岡東、延長で力尽きる

鶴岡東―関東第一 11回裏関東第一2死一、三塁、平川にサヨナラ打を浴び、肩を落とす鶴岡東の2番手池田

 ▽3回戦(第4試合)

鶴岡東(山 形) 01200300000 −6
関東第一(東東京)04000020001x−7
(延長十一回)

 【評】鶴岡東は延長で力尽きた。6−6の十一回2死一、三塁、2番手池田が平川に右前へサヨナラ打を許した。打線は1点を追う六回、山路の右中間適時二塁打などで3点を奪って逆転。しかし、追い付かれた七回以降は2番手土屋の前に沈黙した。
 関東第一は18安打の猛攻が最後に実った。

◎池田、痛恨サヨナラ打浴びる/全力投球「今はすっきり」

 背番号1に涙はなかった。鶴岡東は延長十一回、2番手池田がサヨナラ打を浴びて惜敗。「悔いが残らないよう全力で投げた。今はすっきりしている」。最後まですがすがしかった。
 簡単に2死を取った後、渋谷に三塁打を許してピンチを招く。平泉を歩かせ一、三塁。5番平川への初球、甘く入った直球を捉えられた。
 「悔いが残るのは最後の一球だけ。でも、3試合できょうが一番良かった」。1、2回戦は救援で登板し、強豪の高松商(香川)や習志野(千葉)に真っ向勝負を挑んで抑えてきた。「自分たちにも力があるんだな」。甲子園で一回りも二回りも成長できたと実感していた。
 県外出身者が多い鶴岡東の中で、1、2回戦のヒーロー、丸山とともに数少ない山形県出身者。2年生までは庄内町の自宅から1時間かけて通学したが、午前7時からの朝練習に間に合わない。3年春に寮生活を始め、野球に打ち込む時間を増やした。
 夏の山形大会で安定した投球を見せ、甲子園に来てからエースナンバーを背負った。七回途中から登板したこの日は関東第一の機動力に苦しめられて毎回のようにピンチを背負ったが、瀬戸際で踏ん張り続けた。
 「粘り強く戦えたと思う」。顔から噴き出した大量の汗が力投を物語っていた。(剣持雄治)

 ○…山路、気を吐き3安打2打点 鶴岡東は7番山路が3安打2打点と気を吐いた。二回に先制の左越え適時二塁打を放つと、六回は1死一、二塁から直球を引っ張り、右中間を破る同点二塁打。持ち味の長打力を発揮した。
 終盤は凡退が続いた。第4、5打席ともボールの変化球に手を出し「大きいのを打とうと欲が出た」と悔しがった。先発メンバー唯一の2年生。「自分が新チームの中心になり、来年また甲子園に来る」と雪辱を誓った。

2投手責められず

 鶴岡東・佐藤俊監督の話 最後は無理をして左打者との勝負にしなくてもよかった。自分を含めて焦りがあった。ただ、2投手は責められない。よく粘ってくれた。地方大会から選手は落ち着いて戦ってくれた。


2019年08月18日日曜日


先頭に戻る