宮城のニュース

村井嘉浩宮城県知事 定例記者会見/8月19日

防潮堤建設に地元の合意が得られたことを説明する村井知事

 19日の村井嘉浩宮城県知事の定例記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 気仙沼市の日門漁港の防潮堤建設に、地元住民が合意した。東日本大震災後に、県内全369カ所で整備が進むことになった。
 A 防潮堤への賛否、建設の進め方などさまざまな議論があった中、ここまで来たことは感慨深い。復興・創生期間が終わる2020年度中の完成を目指し、引き続き事業を進める。

 Q 宮城地方最低賃金審議会が、県最低賃金(時給)を26円引き上げて824円とするよう答申した。
 A 労働者の働く意欲を高める一方、企業の経営を圧迫しかねない。労使が話し合った上で、850円、900円と徐々に上がっていくことが好ましい。

 Q 茨城県内の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、男が傷害の疑いで逮捕された。
 A あおり運転は大事故につながる危険な行為。厳しく取り締まるために法改正が必要ではないか。免許を剥奪してもいいような事件だったと思う。


2019年08月19日月曜日


先頭に戻る