宮城のニュース

手作りの夏祭り 温泉、トウモロコシ、バンド演奏…住民と観光客が交流

住民と観光客が交流し、楽しんだ青根温泉夏まつり

 宮城県川崎町の青根温泉で11日、恒例の「青根温泉夏まつり」が開かれ、地元住民と観光客が交流を楽しんだ。
 温泉街の中心部にある公衆浴場「じゃっぽの湯」を会場に、地元農家がトウモロコシなど野菜を販売。住民によるバンド演奏やカラオケ、ビンゴゲームなど手作りの祭りを楽しんだ。
 青根温泉行政区長の原玖二陽さん(75)は「規模は小さいけど、半世紀近く続いて観光客と触れ合う大事な祭り。これからも継続していきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月19日月曜日


先頭に戻る