宮城のニュース

<楽天>今季最長5時間15分ドロー、継投で耐える

 東北楽天は延長戦の末、引き分けた。打線は一回、ブラッシュの適時内野安打で1点を先制。1−4の四回は和田の右前適時打で1点を返し、七回には浅村が中越えに同点2ランを放ったが、八回以降は勝ち越すことができなかった。
 先発石橋は4回1/3を投げ4失点で降板。その後は7投手の継投で得点を許さなかった。
 日本ハムは序盤のリードを守り切れなかった。

 日本ハム−東北楽天20回戦(日本ハム10勝9敗1分け、14時00分、札幌ドーム、40,204人)
東北楽天100100200000=4
日本ハム310000000000=4
(延長12回裏終了、規定により引き分け)
▽本塁打 浅村26号(2)(堀)

☆イヌワシろっかーるーむ

石橋良太投手(先発し五回途中4失点で降板)

 「いつも通りの悪い投球になってしまいました。申し訳ありません」


2019年08月19日月曜日


先頭に戻る