福島のニュース

いわき市で「フラガールズ甲子園」 あさか開成高が初の頂点

最優秀賞に輝いたあさか開成高の課題曲の演舞

 高校生のフラダンスの全国競技大会「第9回フラガールズ甲子園」(実行委員会主催)が18日、いわき市のいわき芸術文化交流館アリオスで開かれ、福島県あさか開成高(郡山市)が初の最優秀賞に輝いた。
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を願い、2011年に始まった。過去最多の26校が出場し、約270人がカラフルな衣装で演舞を披露。フラを踊る課題曲の部と、タヒチアンを含む自由曲の部で総合得点を競った。
 あさか開成高は26人で優雅なフラと情熱的なタヒチアンを踊り、最高評価を得た。リーダーの3年降矢(ふるや)花さん(18)は「取りえはチームワークの良さ。学年を問わず家族のようになろうと練習した。地域も盛り上げたい」と喜びを語った。
 福島県からは優秀賞に選ばれた湯本高など9校が出場。東北勢は他に宮城県支援学校小牛田高等学園と秋田県仁賀保高が参加した。
 入賞校は19日午前9時半から、市内の温泉レジャー施設スパリゾートハワイアンズのステージで踊る。


関連ページ: 福島 社会

2019年08月19日月曜日


先頭に戻る