宮城のニュース

在札幌米総領事「交流深めたい」村井知事と懇談

村井知事と懇談するリー氏(右)

 在札幌米総領事館のアンドリュー・リー総領事が19日、県庁を訪れ、村井嘉浩知事と懇談した。東日本大震災からの復興状況や、県と姉妹県州の米デラウェア州の交流について意見を交わした。
 8月上旬に着任したばかりのリー氏は「(被災地を)すぐに訪れるべきだと思った。交流をもっと深めたい」と抱負を述べた。
 村井知事は震災で在日米軍が展開した「トモダチ作戦」に触れ「大変お世話になった。米国の協力は決して忘れない」と感謝した。
 リー氏は19日、仙台市役所と東北防衛局も訪問。9月14、15の両日にある被災地支援の自転車イベント「ツール・ド・東北2019」のコースも視察する。


2019年08月20日火曜日


先頭に戻る