宮城のニュース

宮城県内、朝から雨 真夏の暑さ一休み

 宮城県内は20日、寒気を伴った気圧の谷や湿った空気の影響で朝から雨が降った。気温も上がらず、正午時点では22の観測地点全てで、夏日となる最高気温25度に届かなかった。
 仙台管区気象台によると、各地の正午までの最高気温は仙台24.6度、石巻24.0度、気仙沼23.0度、白石22.9度など。
 21日の県内は曇りや晴れとなるが、夜遅くに雨が降る所もある見込み。太平洋高気圧が弱まり、今後1週間は曇りや雨で、最高気温も平年並みか平年を下回る日が多い見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月20日火曜日


先頭に戻る