宮城のニュース

高速バスと仙台市営バス接触、乗客の小学生けが

 20日午後3時10分ごろ、仙台市青葉区一番町3丁目の国道48号で、バス停「広瀬通一番町」を発車した東日本急行(仙台市)の高速バスと市営バスが接触、高速バスに乗っていた岩手県の小学4年の男児(10)が車内の手すりに頭を打ち軽いけがをした。2台の他の乗客計25人にけがはなかった。仙台中央署が原因を調べている。市交通局や東日本急行などによると、2台はいずれも仙台駅発で市営バスは交通公園行き、高速バスは一関行きだった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月21日水曜日


先頭に戻る